天然水の定義って?

天然水の定義って?

ウォーターサーバーのお水を利用している方は、天然水にこだわりのある方が多いです。普通の水道水やピュアウォーターにはない、豊富なミネラル分を含んでいるのが天然水の魅力の一つ。カラダやお肌のことを考えて、ミネラルたっぷりのお水を飲みたいという方が多いようです。
天然水は富士山の天然水を扱っている会社が最も多く、日本で一番ポピュラーと言ってもよいでしょう。ペットボトルでも販売されており、長年のベストセラーになっているお水もあります。
この「天然水」とはどういう状態のものを指すのかというと、無機塩添加などの調整を行っておらず、地下水を原水とするお水のことです。明確な定義かどうかはわかりませんが、そういった状態のものを一般的に「天然水」と呼んでいます。
ミネラルウォーターと呼ばれるお水の中にもナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーター・ミネラルウォーターなど、いくつか種類があります。ナチュラルウォーターは沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしないもの、ナチュラルミネラルウォーターはミネラル分が溶け込んでいて蒸気と同じ処理以外をしないもの、ナチュラルミネラルウォーターはミネラル成分有で複数の原水の場合はミネラルの調整を行ってあるもののことです。つまり天然水とは、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターのことを指すわけですね。こういった細かい違いがあるので、天然水にこだわる方はよく確認して契約しましょう。