容量が小さめのボトルがいい場合は

容量が小さめのボトルがいい場合は

ウォーターサーバーと言えば、シュッとしたスタイルのサーバーの上に大きなボトルがドンっと載っているスタイルを思い浮かべる方が多いでしょう。ウォーターサーバーが出始めたころからそのスタイルのものがスタンダードで、今も大きなボトルが上にのっているスタイルが最も多いです。
だいたい12L程度のボトルで10kg前後と言われており、女性でも持ち上げるのに支障はありません。しかし、お水をよく使うご家庭ではこのボトルの大きさがネックになってしまうもの。妊婦さんや力の弱い方などは、特にストレスに感じてしまうでしょう。
しかし、最近ではそういった方のために、7Lや3Lのボトルを作る会社が増えてきました。どのサイズのボトルでも対応できるサーバーなので、サーバー本体を変える必要もありません。お水を少しずつ取り換えたい方は、小さめの容量のボトルを契約するとよいでしょう。
また、ボトルではなくウォーターパックと呼ばれる軽装のパック型の水を扱う会社も増えてきています。これなら持ち上げる手間もなく、両手でスッと設置することが可能です。これならゴミが増えないといううれしい特典もありますから、主婦の方の強い味方になってくれるでしょう。今から契約する方は、契約時にウォーターパックがあるかどうかを確かめてみてはいかがでしょうか?