水の硬さ「硬度」ってなに?

水の硬さ「硬度」ってなに?

日本人が口に含んだ時に「おいしい」と感じる水は、ほとんどがやわらかいお水である「軟水」であると言われています。お水の硬度が低ければ低いほど軟水になり、日本で採水される天然水のほとんどが軟水〜中軟水です。
お水の硬度とは、お水に含まれているミネラル分の質量のことを表し、カルシウムやマグネシウムの質量が高い水のことを「硬水」、質量が低い水のことを「軟水」と呼びます。
日本人が軟水を美味しいと感じる理由は、慣れ親しんでいることはもちろん、口に含んだ時に口になじむような感触が好まれているからです。日本で硬水を飲む機会は非常に少なく、初めて硬水を飲んだ方はびっくりする方もいるほどです。
日本とは逆に、ヨーロッパの水はほとんどが硬水です。硬水には硬水のメリットが多くあり、豊富なミネラル分が便通を良くしてくれたり、料理によっては硬水の方が適していると言われています。エビアンやコントレックスなどは硬水の中でも硬度の高い「超硬水」にあたり、非常に飲みづらいですがダイエット中の方などに好まれます。
ウォーターサーバーで扱っている天然水は軟水ですから、硬度は気にしなくてもよいでしょう。飲みづらいお水を扱っている会社はありません。逆に硬度の高いお水を飲みたいという方は、自分でお水を選べるタイプのウォーターサーバーを購入し、自分で設置する必要がありますね。